So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

地上のすべての人たちのためのしあわせの唄 [story [物語のスペース]]

明治時代から、文壇の作家は同人誌
に作品を掲載したり、文筆を生業と
する作家は文庫を出版したり反対に
現代は賞ベースで出版ありきの風潮
がある。私も色々出すが賞が必ずしも
取れればいいわけでもない感じもして
きている。
ステイタスではあるが、同人誌的な出
版は今までもあったし、雑誌とかはも
ちろんバイトにもなるが、1人で1冊出
せるチャンスもあったがたかが1冊では
職業として成立しない(*_*)
 
簡単には陽が当たらないので、せめて月
神のご加護の元に月の光くらい当たると
いいかも(^o^)
小説と短歌と詩のどれが適性があるかが
賞では簡単にわかりにくいので
反応をブログで見てみようと思った。
アクセスカウンターもつけたので、
チャレンジ(^o^)
小説も詩も短歌も公開は最初
すごく照れがあったが、だい
ぶ慣れてきた。
29年春に完成して、受賞ならず。
初公開!出品規定は30首1作品でした。
娘の受賞とダブルはないか、さすがに(^o^)
      
     
      151568237780213198439.jpg    
オリンピックカウントダウン(^o^)
東京オリンピックまであと926日!
     
     
地上のすべての人たちのための
                            しあわせの唄
~くりかえし過ぎゆく季節へ~
   1
仰ぎ見れば  成層圏に届くほど
            深い空色   果てしなき瞬間(いま)
         
雑踏の中に紛れて  我ひとり
         ただ刻みゆく    季節を思う
 
そよ風を肌に感じてその右手
          紙飛行機は   その掌旅立つ
 
しあわせをことばにすれば簡単な
             そのものかたちどう思うかな
 
ふと思う 幼き頃の浅き夢
               滲む瞳に雨降りはじめ
 
    2
「しあわせというものそれは」
  と君はいう続きの言葉は雨音に消え
         
画面から聴こえるおとは刹那の報
                帰りを急ぐ雑音かき消す
   
幸福を祈りをこめて口にする
           ただそれだけで   時は止まらず 
          
人生で時を重ねたその悲哀
              突き抜けるよな空色に似て
     
かたちなき   その言葉では簡単に
            届かぬものとただただ思う
      
      
    3
     
世界一空に近いところでも
               ほど深い海   ならまだ遠い
       
ほんとうの幸福の絵は我がこころ
            一枚の絵の 様に鮮やかに
   
夏の夕   西に沈む陽  うず高く
                 まだ頂きに残る彩雲
    
夕闇の星の瞬き仰ぎ見て
              未来永劫   幸いま祈る
       
見上げれば漆黒虚空の暗闇に
               散らばる無数の星ぼし思う
    
  4
            
過ぎ去りし幼き我が描く夢
               飛行機雲や虹の弧を描く
        
街角に秋風が吹く夕暮れに
               その向日葵はまだ花残り
      
全天の橙色の夕焼けが
              訪れる明日  こころに思う   
      
柔らかな陽射しを浴びる秋桜に
                まだ遥かなる春を夢見る
     
受話器とは言わなくなった機械から
                   聴こえる声にもの想うから
     
   5
      
夕闇が訪れふいにしんとする
                  日々過ぎるほど冬は近付く
      
北風のまだ明けきらぬ朝闇が
                 時のはじまり時刻み出す
         
その唄はすべての愛をあなたへと
                   唄うがそれは「すべてに愛を」
     
往来の声をかき消す雪粒が
                  降り積む音を響かせ積もる
     
車窓から流れゆく街 眼前に
               ただ日々時が  過ぎ行く如し
           
    6
        
皆のたの   誰の幸福  ふと思う
             その我自身  これが幸福
     
もの思う空一面の春花の
           隙間にのぞく真っ青な空
       
振り返り友の姿をふとおもう
           なにひとつとてわけへだてなき
        
その瞬間(とき)は二度と戻らず過ぎ去りし
           その瞬間(しゅんかん)は気づかぬままに
    
 新緑の溢れる光ただ思う
            これでやっとたどり着けると
  
15156824389991982510963.jpg
1968年      東京の画像
新橋駅前にて。
分類、カテゴリー整理しました[exclamation]  
次回更新2月予定(*_*)

nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の1件 | -