So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

北欧のユニバーサルヘルスケア(*゚∀゚*) [blog]

コミュニティケアという言葉がある。
北欧の高福祉高負担のライセンス制度が充実した、
応能負担の地方分権型の国家構造の中の
医療、福祉制度で、コミューンという自治体単位での
行政が行われる。
     
郊外まで遠くないところに、デイ・ケア施設などを建設
して、その付近でレクリエーションの一環として
農作業等を行い、その施設の中はインテリアや内装を
カラーコーディネートで精神安定作用をもたらすようにくふうをし、
(IKEAの家具見みたいな感じ)
なおかつ、そこで働く人々に、ライセンス制度を取り入れ
雇用しながら、高齢者や障害のある方たちと
共存していく仕組みの世の中で、地域連帯型のケア
のことだ♪( ´θ`)
   
   
IMG_1102.JPG
日本でも最近では珍しくなくなったグループホームやデイサービスだが、
10年ほど前までは、従来の福祉施設という閉鎖的なやもすると隔離的な
療養型のものがほとんどだった。
卒論のテーマを考える論文の授業の時に、共助という
テーマを選んだが、難しくて挫折した(>_<)
まあ、コミュニティケアとか、在宅型ケアや社会扶助という
ことにピントをあわせて描きたかったのだが。
必ずしも、施設型ではなく、例えば別荘型の永住型の
在宅介護型の地域連帯ケアを考えていて、(そういう
施設も結構増えた)それに付随した、介護保険や年金や医療扶助を
連動させた、次世代型の都市づくりと、ヨーロッパ
型の製造や文化的システムとネットワークの
共存を実現する未来をうまく構成したかった。
   
   image.jpg
 ちなみに、北欧スウェーデンという国では、現金の流通
率が1割程度だという。
あとは、主に電子決済だという。
医療事務の資格をお持ちの方はご存知だと思うが、
かくいう私も医療事務の民間資格があって、
私たちの健康保険で自己負担というのは、現金で
病院の窓口にて支払う、現役世代だと3割の金額の
ことだが、それ以外の費用は、日頃お給料などから
拠出されている、国保連合会に積み立てられた
費用から、各病院に精算という形で償還される。
労災の現物給付とは少し違うが、実際には、医療
サービスという形で、患者に還元される。
  
よくいう薬漬けや、不必要な処置、というのは、
病院に関連した業者の商業的な利潤が目当てなので、
北欧型のケア概念は、むしろ心理的なメンタル
ケアや、臨床心理学の応用などで、そういった専門職
にライセンス制度を導入し、雇用を創出する仕組みです。
でも、もちろん臨床的な技術も薬も医療には
必要不可欠なのはいうまでもないのですが。
あとの違いは、安楽死に対する法的制度の違いです。
結局論文の授業では、ネットワークと地域連帯型
のソーシャルネットのような広報システムまでしか
構成できなくて、そこまでで小論文は終わってしまった。
実際には、やっとこ暇に任せて農業しました、やっと
医療報酬の計算の資格も取りました、金融、保険も取りました、
介護福祉士取りました福祉情報技術の受講終わりましたって感じで、
骨組みの設計図位しかできず。
     
要するに、最初に北欧の仕組みをまるで全体図のように、当時勤務していた
団体の研修で見せていただいて、それに興味を抱き、10年ほどの期間人生の
チャンスやらモチベーションやらを総動員して自分の人生を考えた時に、資格を
取ったり勉強したりするうち、論文こそ上手く形にできなかったが、その全体
像のピースやらパーツやらが自然と集まってきて、組み上げてみたら、最初の
全体像の絵だった、と。
で、その時の全体像に世界が近づいて、自分がしてきたことが形として
良くも悪くも残って、その甲斐はあったというものです。
       
    
私は、今日本の医療制度で、たとえば先進医療の公費負担制度を導入してほしい、
とか、ユニバーサルヘルスケアという、いわゆるケアマネジメント型の医療
システム、それぞれに合う形のケアという概念を導入してほしい、なんて
いう希望が個人的にもあります。
     
幸せな国ランキングというのがあり、日本は51位で、ベスト10には
ヨーロッパ諸国が7カ国もランクインしているそうです(*´∇`*)
で、以前アップした自作の小説は実は、そういったイメージで構成
してみたものでした( ̄∇ ̄)
IMG_1100.JPG
夕焼け前の彩雲の画像(*゚∀゚*)オーロラには遠いか・・・
道すがらのスマホでの撮影なのでくっきり映らなくて残念ですが。

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の1件 | -