So-net無料ブログ作成

5月の五月晴れにふと思う事♪( ´▽`) [blog]

 
mr.childrenのシングルベスト、thanks giving 25  が発売された。
25周年記念の2枚組配信限定版♪( ´▽`)
配信に苦労した( ̄▽ ̄)
とにかく一度は耳にした曲ばかりの収録で、ファンでなくても楽しい。
ジャケットっていうのかな?今の配信限定画像は。
「サージェントペパーズロンリーハーツクラブバンド」
のジャケットを彷彿させる華やかな雰囲気。
                                                           
                          
                  
かれこれもう20年以上も(ほぼ25年近く)彼らの曲を聴いているが、
もちろん他にも、当時からずっとヒットチューンを出し続けている
アーティストもたくさんいる。
例えば、福山雅治とか。この人は最初俳優でブレイクしたとにかくイケメンで、
当時から、私の周りの友人もキャーキャー言っていた。
曲もわりに良かったしすぐヒットしたからね。
他には、少し後だけど、ゆずなんかもそうだな。彼らも楽曲が爽やかで
ストレートで、今も大変人気がある。妹がよく「夏色」をカラオケで歌
っていたなあ。なんてことを思い出したりするし、わりに私的には
好きな曲が結構あって、やっぱり泣ける曲が多い。
レミオロメンもちょっと後だが、結構今もよく流れる。
特に「3月9日」は卒業シーズンにはかなり流れる。
まあ、当時から人気のアーティスト、というと、その数年前にバンドブームが
あったにもかかわらず、簡単には名前が出てこない。
25年って大体そんな長い、なおかつあっという間の時間だ。
ネットでも検索してみたが、今の今までヒットを出しているのって
そのくらいかな?あと、最近あまり聞かなくなったが、スピッツとか、
そのもっともっと前のサザンとか。
そういう長い間、私にとってmr.childrenは本当に心の友のように(笑)
ずっと心のベストテン(古)第1位だったりする。
     
      
      
    
人生という長い戦いの中で、どんなに埃まみれになろうと、手垢だらけになろうと
絶対に自分自身が汚してはならないものや、守りぬかなきゃいけない
ものがあり、そのために命がけで生きていくわけだけど、そんな時に
少なくとも私の人生の中で、必ず再生ボタンを押せば、流れてくるミスチルの
曲が、20歳の頃と変わらずに今も消えずにずっと存在し続けている、ということ。
そのことが、私の人生にとって本当に心の支えになってきたことは
揺るぎのない事実。
それは、必ず、悲しい時にも、嬉しい時にも。
          
思い返せばイノセントワールドがヒットした頃に一度、
ライブのチケットが手に入ることになり、ところが、その同じ日に違う
ライブの予定があり、いつでも行けるだろう、と安易に考えて、
やむなく違うライブに行った。
ミスチルには一緒に行く人も見つからなくて。
結果、まだ今も存在感ばっちりどころかチケット取れないって( ;  ; )
           
それから会社に勤め、結婚し子育てに忙しく、そしてまた仕事の毎日。
結局何度か抽選に応募しても落選で行けずじまい。
おかげでライブにも行ったこともないし、全部揃えていたアルバムも、
子供が幼い時に、チャイルドモンスターは本領発揮して、彼らのいたずらの
餌食になり何枚もダメにした(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
           
それでも今も本当に辛い時には、どこからともなくミスチルの曲が
流れてきたりする。
もちろん、運転中はいつもミスチルばかりで、子供たちも学校でミスチルの曲に
出会う機会がかなりあったが(運動会、卒業式などなど)母のいつもの
ルーティーンには呆れ顔だ。人生そんなものだ。
       
       
       
5月だからと言って、鯉のぼりを折り紙で折るわけにもいかないので、
このnew albumを聴きながら思いを馳せたりしてみた。
この時期になると、必ず「イノセントワールド」が今も聞きたくなる私。
こういう曲は私の人生の中では、クリスマスの時期の「happy X'mas」
と、卒業シーズンの「3月9日」と、夏になると、なぜか今も
真心ブラザーズの「サマーヌード」と、「夏色」とこれらの数曲かもな。
        
過ぎていく時間は、簡単には取り戻せないからね♪( ´▽`)
音楽は素晴らしい*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
        
IMG_0753.JPG

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog