So-net無料ブログ作成
検索選択

これが、ホントのスポ根だ!Part2 (ノンフィクションだぜ) [ground]

朝からの曇天、天気予報では昼から雨の予報を告げている。
5年前、初めてのマラソン大会に、風邪で欠席した娘は、翌年練習で、
度々1等になり周りからは、1位を取れるよ、言われていたのに、
当日またもや風邪で、出場はしたが、4位に終わって泣き崩れたっけ。

そして、その後ずっと3位より下にはならなかった、我が娘の、
小学校最後のマラソン大会だった。

今まで一度しか勝てなかった、昨年の覇者に、今年の練習では
途中まで差をつけていたようだが、追い抜かれてしまったそうだ。

すこしがっくりして、自信なさげな娘に、
「頑張ってね」と、声をかけるのがやっとだった。

考えてみれば、長男が小学生になってはじめのマラソン大会の直前に、
私の声かけで、3人で練習をはじめたのが、もう、8年も前の事だ。



この世に生まれ落ちてから、自分の腕で抱きかかえて育てた我が子だ。
立ち上がり、歩き始めて、そしてこういう風にして、走る、ということを彼らは覚えた。

幼い頃、陸上部で走り方を教わった私は、マラソン大会では、1学年140人も
いる中で、(といっても、今となっては男女別になっていたかも、定かではない。
もう、30年も昔だもんね忘れてしまいました)いつも、20位に入ったし
中学1年の時のクラス対抗の校内駅伝は、
3人か、4人もごぼう抜きしたんだよ。

でも、一度だって、うちの親はそこには応援に来なかった。
寂しかったけれど、私は、マラソン大会の順位を報告できることを楽しみに
走った。

考えてみれば、そんなこともあってか、長男は、6年生で1等をとれたし、
娘だって、1度は1位をとってはいる。
私もなるべく見に行くようにしている。
少しの時間を割いてでも。
(会社にばれて怒られないように、必死なんだよ、ほんとは。[冷や汗2])
まあ、我が子たちながらよくそこまで頑張ったなあ、という感覚が
とても強く残っていて、それは、これから思春期を迎える彼らにとっては、
自分の足や自分の体で勝ち取ったもので、その経験は必ずこの先の人生の
1ページとして、かれらの糧になるはずだ。

1ヶ月ほど前、市民マラソンの練習をしていた時、私は彼女に、
「とにかく先頭集団にぴったりくっつくんだよ、」と、そのことばかり教えた。
お母さんは、1等をとったことないから、先頭集団にくっついて
走っていくことしか、わからないけど」と。

その時彼女は、「ちがうよ、最後にラストスパートするんだよ」
と、明るく言っていた。


すこし、冷たい北風が強くなった感じがした。
「パンッ」
スタートしてすぐ、私の言った通りに、今度は先頭の子に
ピッタリくっついて、2人は後続をどんどん引き離して
走り続けた。
今は、私たちの時代ほどたくさんの子供が一度にスタートするわけではないが、
それでも、何年も3位以内をキープするのは、大変なことだ。

最後の、50メートル、「ラストスパート」
「どうだろう?抜かせるかなあ?」
ハラハラしながら、応援をする。

声援が上がる中、
ほぼ同時にゴールをしたふたりだが、
結果は2位。
娘は1秒あろうか、どうかの差をつけられて、負けた・・・・・

ゴールをしてすぐ、歩きながら泣きじゃくる娘をみて、
こちらまで、胸が締め付けられるようだった。
遠目に見ていたので、気のせいかもしれないが、
1等の子までもらい泣きをしているみたいにみえた。

陸上の大会のたびに、陸上部の無い、この学校で
毎朝早起きして練習に参加してきたのは、何を
隠そう我が娘だ。
剣道で、帰宅が遅くなっても頑張ったね。
本当によく頑張ったね!
ゴール前で、抱きかかえてあげたい、
そんな想いだった。
























nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ふー!しぶといやっちゃなあ!(これが、ホントのスポ根だ!Part1ノンフィクションだぜ) [ground]

駅伝の練習?

オスグッドシュラッター病の診断をされてあってまだ1ヶ月たたないのに、
長男は、学校単位で出場する、市民駅伝の練習にでている、という。
選手コースのタイム設定からははずれたそうだが、
普通の子と同じに走っている。
膝は、抜糸が終わり痛みはひいたらしい。


そういえば、6年生の夏の終わり、サッカー千葉県選手権の選手名簿は
もうできあがっていたのに、もう一方の膝を故障していて、
1ヶ月以上もドクターストップがかかった。
今も、その時の選手名簿は手元にある。
そこには、FWと印刷されていた。


その秋の市民陸上の大会に、担任の先生に、こっそり了解もらい、
明日、大会にでるよ、と、前日にいきなり承諾書を目の前にだして、
親の私をハラハラさせたっけ。

くやしかったんだろうね。
短距離だから、大丈夫だよ、と彼は言った。

そしてその冬にすっかり良くなった彼は、校内のマラソン大会で優勝したっけ。

悔しいのか・・・・・
中二になり、サッカー選手になるのを諦めた彼は、
いま、ほんとうは、一生スポーツに携われる素晴らしい将来の夢を持っている。
一時期は、コーチをやりたがっていたが、今はきちんと
社会人として就職をしたいそうだ。
サッカーを続けることと、大学に進学することを希望している。
それは、親が、自画自賛するほど。
身長のことも、あるかも。
母の私が小さいから、本人は極めて平均サイズなんだけど、
父が上背があるのだが、本当に強い選手は、体格が
大きい子が多いので、
デメリットがある。
陸上なら、存分な体格。

その、道のりが、少し遠くなっただけだよ。

でも、やっぱり、試合の見学をさせてもらえるというはなしを、
蹴りたくないらしい。

もうすぐ、受験の本番だから、自分が乗り越えていかなきゃならない、
ハードルが、たくさんある。

彼の夢が叶うその日が待ち遠しい。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

寒かった [ground]

image.jpg
今年も市民マラソンに参加しました。
親子マラソンなので、距離は2キロと短いし、タイムレースなので、
ルールが少し違います。
目標タイムをあらかじめ設定して、どれだけ少ない誤差でゴールするか。というもの。
昨年は、タイムレースは、23位、誤差14秒。
今年は、着順は18位、タイムレース26位、誤差20秒。
娘が速いので、(年々速くなる?)20秒も速くゴールしてしまった。
ちなみに10分51秒、40歳をむかえた老体には、結構こたえる
スピード。(遅い!!と、娘に走行中怒られた)

今年は親子ペアで、150ペアくらいの参加があった。

年々マラソンの参加者が増えているということで、
わたしもいずれハーフマラソンくらいはでれるようになりたいです。

東京オリンピックのピンバッチを参加賞にゲット。
image.jpg

毎年寒いが、今年は本当に寒かった〓

それにしても、ipadは凄まじいアイテム。
2001年宇宙の旅、のコンピュータ、ハルのよう。
会話するし、こっちの会話を言語変換して、
文章として画面表示する。

映画の世界ですなあ。


nice!(1) 
共通テーマ:blog

日々雑記 [ground]

さっき、4キロ超、ジョギングしてきて、ちょうど4キロ手前あたりで、ランナーズハイがやってきて、

速度あげたら、息つまっちゃって慌てた(゚д゚)

なんか、4キロくらいって足にも負担が少なくて、非常に気持ちよく走れる距離で

よく、走ってるんだけど、(ネットのマップで、独自コースを計測していつもその場所を

走っている)たまに10キロ超えると、流石に足に来る。

小学生の時に、部活で陸上やっていたんだけど、私は足があまり速くないので

学校の駅伝やリレーの選手くらいしかやったことがない。

だけど、走ること、特に長距離が好きで、今も週に1度、2キロ以上は必ず走っている。

で、最近暑さで2キロで済ませていたんだけど、3週間ぶりくらいに4キロ走ったので、

爽快な気分。(でも、本気で息詰まったから、ちょっと焦ったが・・・・・・)

来週は、1時間半、耐久で走ろうと計画中。(夏休みのこの時期に必ず、このくらい走るようにしている)

子供が小学生になってから、マラソン大会が近づくたびに、マラソンの練習をし、(走り方を一から教えたさ)

それをきっかけに、もう、8年も走っていますが、子供たちは、次々に学校で1等をとってくれた。

/(^o^)\なんて可愛いお子達なんでしょうか・・・・・・・

まあ、普段走りなれない方は、お気を付け遊ばせ。

なんか、この年になるとろくに楽しみがなく、ジョギングの方が下手な遊びより楽しい。

なにせ、お金もかからない・・・・・

10キロ越すと、時間にして、1時間は確実に超えるのと、呼吸を整えるだけでも、

走り終えたあとに20分くらいはウォーキングするので、十分時間が潰れるしね。

体も軽いよ┗(`・∀´・)┛カルイゼ

まあ、夏は日差しが強いので特に、暗くなってからをおすすめします。

そういえば、先日小説をアップしたあと、閲覧数がかなり宜しくて、

今までで、最高値を記録(・・||||r

皆々様、ほんとうに有難うございます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

写真の整理をしていて・・・ [ground]

短編は、本当に1月中必ずアップします。

 

昨年、長男のサッカーの試合の写真をかなり撮影した。

私自身は、サッカーが大好きで、小学生のころ、なにせキャプテン翼が大流行して、私も例に漏れず

大好きで、真似をして、スポーツメーカーのウェアばかり着ていた。

そのころ、テレビで、カズさんが14歳くらいで、ブラジルにサッカーやりに渡った少年です!!って放映

してて、ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイまるで、キャプテン翼の世界じゃない?で、カズさんのファンになり。

中学に入って、新入生の部活見学で、剣道が気に入り、早速入部したら、剣道の朝練で着替えを

している場所の横で、女子サッカー部が創設されたって、同級生が着替えをしていてくやしかったわ・・・・

(要するに、今は存在するかわからないけど、同級生が1期生で創設じゃん?もう少し早く言ってくれ!!

って感じでした。)

247.JPG

10代のころ、jリーグが発足して、割とみんな見るようになって、今もサッカーが好きなのですが、

キャプテン翼にはまっている頃に、まさか、自分が将来男の子を産み、その子がサッカーをやるなんて

思いませんでした。

普段は、「ちゃんと勉強しなさい!!サッカーやめさせるよ!!」とか、言ってますが、長男の試合を見るのは

とても、ヾ(@⌒ー⌒@)ノ楽しみです。(プレッシャーかけるといけないけど、つい気になってしまう)

jリーグはチームが多すぎて、なかなかどのチームがいいとか、そこまではわからないけれど、

日本代表戦と、千葉県代表が結構強いので、高校サッカーは必ず見ている。でも、実際には代表戦しか、

観戦したことはない。

高校サッカーはいつもテレビだ。中学の総体は少し見れた。

日本代表戦を見に行く機会もなかなかないので、母の思いとしては長男に、頑張ってサッカーを続けて

もらいますかねえ・・・・

長男が高校生になるまで、観戦はとっておこう。まあ、ベンチではないことを願う。どこの高校でも。

まあ、それはいいとして、こう言う感じで、あんま暇じゃないのよ、なんて、アリバイを公開しているわけです。

(別に、悪いことしているわけではないので、いいんだけど、暇なわけでもないので。)

ソーシャルネットって便利(*´∀`*)

252.JPG

322.png

u-13リーグ戦   2013.12   習志野市内

 

 


nice!(2) 
共通テーマ:blog

夢と現実のギャップ 2 [ground]

長男の将来について。

もういい加減、本人が希望する進学先について、

そろそろ真剣に考えて欲しいところ。

「将来何になりたいの?」                    006.JPG           

そう聞く私に、彼は、

サッカー選手」

とぼそっと一言。

昨年、少年チームを卒業し、普通に部活動のサッカー部に

在籍が変わり、そして出た言葉。

試合の数が違うし、遠征なんて部活ではありえないので、

彼のサッカーへの渇望のようなものがそういう言葉を吐かせているのだろう。

チームに在籍していた時は、コーチになりたいと言っていたのに。

まあ、まだ若いので、良しとするか。

正直、その言葉を聞いたときはこちらが動揺してしまって、

考えていなかった長男の言葉に、もういい加減に自分が年をとってきて、

勝てなくなってきたなあ、と実感。幼稚園でサッカーを始めたころに

やはりサッカーの選手になりたいと、いっていたが、まだそう思うのか・・・・

あれだけ、「代表選手みたいな人は一部の人しかなれないんだよ」

と言い聞かせたのに・・・・・・・・・

私、サッカー好きなんだけど、気持ちは複雑。

夢があるのはいいのだけれど、でも、あれくらいの年齢のときに

そこまで心の中に思って集中できることがあるのは、本当は

素晴らしい事なんだけれど、なんてことを考えていたら、ちょうど

昨日の夜遅くに武田修宏さんがテレビに出ていて,浜松に住んでいたのに

清水の方にどうしても進学したくていったという話をしていて、

なんだか、頭がクラクラしてきてしまった。

でも、たしかに、今うちの長男の近況は、学校の砂埃が舞うようなグラウンドで、毎日練習に

明け暮れているといった表現がぴったりの感じなのだが、芝が一面に広がっている

グリーンの大きなグラウンドがなつかしいんだろうな。(あのフィールド感みたいな雰囲気が)

ああいうものを、幼い頃に日常的に体験させてしまった、親である私にも責任の一端はある。

でも絶対に気持ち良いよ、ああいう雰囲気は。多分サッカーができないくらい年をとっても絶対に

忘れない、素晴らしい感覚。     

そう思うと、なんか、夜も眠れなくなってしまい、若さに対する嫉妬なんだか、親としての自責の

念だか、いや、いいんだこれでみたいないろんな思いが入り混じって熱いものがこみ上げてきて

しまった。

私も、中学生までは、長距離が早くて、小さい頃は陸上部にいたんです。

いまも、マラソンジョギングはやるんですけど、(中学の部活でも朝っぱらから3キロくらい走らされてたし

高校生のころは、マラソン大会で初めて最後まで歩いてしまうという非常にお粗末な体験をしてしまい、

でも、怒られないから、ああ、一生懸命やらなくてもいいんだ、なんて思ったこともあったが)

今年も市民大会走ってきた。23位でした。(^O^)まだまだ負けませんよ。      

 

そして、今日も、彼は朝の4時から代表戦を見ているわけです。

若さみたいなもの、純粋に夢みたいなことを考えているんだろうなあ、ということをひしひしと感じてしまい、

胸が苦しくなります。雨の中だろうがなんだろうがサッカーやらされてんのに、まだ好きか・・・

負けられないなあ、と思いつつ、ひそかに応援をしている毎日です。

 

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

夢と現実のギャップ [ground]

私には、中学一年になる長男がいます。

彼はサッカー少年で、サッカーを始めて、もう9年目です。

一番最初、彼は、まだ、サッカーのルールもわからないくらいの

幼稚園児で、わたしは、彼が「サッカーをやりたい」

と言い出したことに半信半疑で、「ダメだよ。」

「ああいうスポーツは、一度やりだしたら最後までやり続けないと

意味がないから、だめだと。」といいました。

そして、1年後何気なく「まだサッカーをやりたい?」

ときくと、かれはうれしそうに「うん」といった。

その頃の彼の夢は子供らしく「サッカー選手」

まあ、いざ始めたら送迎や試合だのなんだの、まあ、忙しい忙しい。

あっというまの8年で、かれは、今はクラブを卒団して、中学の部活動で

サッカーをやっています。

途中で怪我をして、サッカーをしばらく休んで病院通いしているのに、

なにを勘違いしたか、マラソン大会張り切りすぎて1位をとってきたり、

剣道との掛け持ちですが、(こちらは親のエゴですが)必死に

食らいついて、剣道の方もやっと段を取得できるような準備ができ

とるかどうかで悩んでいます。

まあ、こちらとしては、たかだか息子のサッカーのために、ですが、半端にさせたくないなあという

一心で周囲に必死に頭を下げながら応援してきたのも事実です。

まあ、親の心子知らずで、彼は屈託なくサッカーをやっておりますが、私自身は本当は

スポーツは大好きですし、サッカー観戦も大好きです。

でそ、いまは親であるわたしは人間関係ストレスで、寿命が縮まる思いです。

それこそ、猫も杓子も「うちもサッカーやってるんだよ」

と追っかけてくるように感じる始末。

あんなに小さい頃から、サッカーのルールもわかんないだろうに!!

と、当時は思っていました。

 

剣道はいまはやる子は本当に少ないです。だけど、

小学生という一定の期間にきちんとけじめをつけ

取得するべきものも取得したので、彼自身はサッカーに

本腰をいれたいらしく、そのために勉強も頑張っています。

なので、「だいじょうぶなんだろうか?うちの子は」

「ちゃんと勉強をしてくれ!!」

などなど、親の思いは様々で、彼が何を思ってサッカーを必死に

やっているのか?

サッカーが好きなのかなあ?

自分がサッカーをやっているのが楽しいのかなあ?

「将来どうすんの?」

といっても「うーん」という返事。

あれだけ苦しい練習なので、もちろん自己満足だけではできない。

続けることは、良いことだと思う。

勉強との両立も大変だと思う。

まあ、子も親の心がわからないのと同じで、親にも子供心は

わからない。

自分自身が、夢を叶えたくて必死に追った時期はありましたので、

気がかりです。

私の夢は、趣味という形で、自分で言うのもなんなんですが、結実は

していますので、アレなんだけど、そうなるまでが大変なんだけど。

あ、そういえば、まあ、原稿依頼されたりなんだりで、

春先に、依頼された短編が予定通り掲載されれば、

刊行です。初版3000部なので、まあ、小さいもんですが。

超短編だけど(^O^)

もちろん、原稿料は無料です。

本職別なので、服務規程で引っかかるとまずい・・・・・

お金、簡単にもらえないんですよ。

食いぶちになるほど上手でもないし、まだ、若すぎるそうです・・・・・

また、できたらアップします!!!

 

 

 

 

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

日韓戦にいったのじゃ [ground]

先日、キリンカップの日韓戦にいきました。

20代以来の念願の日韓戦で、とてもうれしかったんだけども

結果は惨敗でした。うーん・・・・・・・・・・

でも、生でスポーツ観戦するのも久々で、やっぱりああいう雰囲気は最高やあねえ

最近は、いろいろと、私生活がヘビーで、疲れることがたくさんありますが、

スポーツはよいですね。まあ、あんなに大タイトルのゲームを観戦できたことは

うれしい限りなんだけど、普段も子供たちがサッカーをする機会を観戦することが

非常におおくなり、たのしいです。

なんだか、真剣にスポーツをする姿というのは、何事にもかえがたい魅力があって

そういう風にして、プロスポーツ選手というのは世界平和を祈りながらフレキシブルに

戦っているのだと思うと、私たちが謳歌している幸せで平和な世の中を大切に考えなきゃ

スポーツ選手に失礼だなあ、なんておもいます。

グリーンのグラウンドで戦う姿をおもうと、私生活や仕事のヘビーさなんてことは

吹き飛んでしまうし、なんか、胸が苦しくなってなけてくる。

こういう感傷みたいのは、若いころにはなかった。ただ好きでスポーツをみたり、

体を動かしたりしていたなあ。

まあでも、たまにはみなさんも、世界平和を祈りながら、サッカー観戦してみると

世界が変わってみえるかも006.JPGよ。

< とあるグラウンドの光景 >

002.JPG

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ