So-net無料ブログ作成

the long and winding road [life]

自分のブログなんで、気兼ねなくなんでもかける。実は。
嘘は書いていないんだけど、事情が変わったりするときもある。

また、今の勤め先から動かなくてはいけなくなってしまった。

人間って、思ってもない噂を立てられると、判断鈍るんだよ。
やって言われるんだったら、自業自得だけど、何もないよ、本当に。
全くの力不足で、残念賞でした。
居座ったけどもうダメだったよ。

そういうパワハラが流行ってるのかと思った。
弁解して、動いてるうちに、首しまっちゃったよ。勘弁。

ただ、幸せに思うことは、私が友人と信じている友達は、
みんな私を信じてくれて、気にするな!と言ってくれること。
ありがとう。( ´ ▽ ` )ノ

幸い、介護業界に戻れそうだが、まだ、わからない。
まあ、介護業界を離れたことを悪く言う人もたくさんいるんだが、
楽をしたかったからかな?そういうあなたは楽してるんじゃない?
一身上の都合です。どっちも、あくまで。
何でもかんでも、オープンに話せるわけではない。
言えないことだって、人間にはあるのさ。

実際に私に会って、話せれば理解してもらえるのに、
といつも思うが、そう思うことが裏目になってるのかもね。
そう思うと、本当に哀しい(。-_-。)
まあ、今回の噂は、こっぴどかった。
本当に大泣きしたわ。( ; _ ; )/~~~
泣き疲れていつの間にか朝だったよ。
ゆうなれば、もう10年くらいそういうことを
影で言われている感があって、何が原因かわからなくて、ずっと。
でも気のせいだよ、と言われ続けた。ネタバレ聞いて、
人生やめたくなった。本当に。
それでも、ひとつひとつ解決したんだよ、ここ何年かかけて。
自分が勝手にしたことなんて、何一つとしてないのに、誰を信じられる?

なるべく素直に受け止めるように必死に心がけているんだけどね。
どんなことも。
どうしてそんなに話が歪曲していくのかが
理解できない自分がいるのも事実。
でも、誤解を解く努力を惜しまないように頑張るしかないよな。
投げたら全部ダメになる気がした。
最後まで必死にやったけど、ダメだったから、なんとか
不幸中の幸いくらいで止めたい。
それもまた努力で、気が遠くなる。
努力で変えられることも絶対にある!!
ないなんて言わせない。
運も実力のうちだったら、努力も一部だと信じる。
努力を一切無くして、実力なんてないはずだから。
もう、半年以上こんなで、5歩すすんでも、4.5戻るような
茨の道になってきちゃったが、20歩進めば一気に進むときもあるし、
20歩全部ダメになるときもある。でも、できる努力が慰めでも、
やったほうがマシ。
努力をするのが意味がない、という人たちがたくさんいるが、
じゃあ、あなたは何の努力もなしにそこにいるのか?
言うなれば人間って、朝起き上がることだって、努力のひとつなのに・・・

毎日、生活のために必死に働いてさあ、
そういう私を笑うんだったら笑えばいいよ、と思う。
パチンコが嫌いなの。私。なのに、私を名指しして、
あの人はパチンコが好きでお金がないんだ、って人の目の前で
聞こえるように噂してる人がいるのよ。( *`ω´)
目玉飛び出るよ!!ゲーセンすら遠いって。勘弁!!
コピー人形がパチンコしてんのかい、おいおい。
そんな暇があったら、眠るよ。
まあ、その話は一例ですがね。
誰が信じてくれるんだろう?って思う。



おかげで、今年はいろいろで夏休みもほとんどない顛末。
でも希望を捨てずに頑張ります。
みなさん、私の分も楽しんで過ごしてね。
( ´ ▽ ` )ノ








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

告白!! [life]

実は、人生最大の悩みがある。
文章を書くことについて。
私は、文章を書くという行為を、愛している!!

じつは、実生活で、自分が描いた小説や物語に出てくるような
人物に実際に出会ったりすることがあって、とても可愛らしかったり、
とても素敵な人だったり、好感の持てる人物だったりすると、
大好きになってしまう。

そういうことは結構あって、それはそれで楽しいことなのだ。
しかし、もっと切実なことがある。
それは、自分の描くストーリーと、現実がシンクロしてしまう
ような感じがするときがあることだ。

さすがに、自分の能力が、自分がモンスターを飼っている
ような気分になってしまうときがあることだ。
それはそれは、失恋より切なく悲しい。(。-_-。)

例えば、長男のサッカーをしている姿を描くときに、
いつの間にか彼は膝を痛めて、陸上をやってしまうという現実が
教えてくれた。影響力が彼の趣向とか、意思を動かしてしまうのだなあ、と。

実の子だからなおさらだが。

自分の能力の方に物事を引き寄せてしまうんだなあ、と。
有り余る力。そのバランスに自分が苦悩しているんだけど、
でも、描きたいし、でも、会心の作ができるときは、何ひとつ歪まない。
本当はね。それが真実です。
世界も空気も変わる。*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

で、そういうことを解消したくて、どんどん緻密に描きたいと
思い焦がれてしまう自分がいる。
一つの確立した世界を描きたいという、欲求。
恋心に近いような妙な感覚がある。

やっぱり、片思いになりたくない自分がいるのです。

だから、自分のメンタルが調子悪くて、こうあってほしい、
と願う現実と世界が掛け離れるほど、どんどん書きたいことが
溢れてきてしまう。
現実とのギャップを埋めたくて。
その時に描くのが、景色でも、世界でも、人でも。

いまは、ソーシャルネットがあって、良かった。
ものを書く機会を与えられた私は幸せ( ´ ▽ ` )ノ

でも、真面目に働かにゃ!!
稼がなきゃ生きていけません♪( ´θ`)ノ
明日も、出勤です。おやすみ(-。-;


追記、シンクロというのは、あくまで読んだ人がその気になって
追体験することで、私は
小説、ドラマ、現実、ノンフィクション小説、新聞記事
全て全くの別物と思います。当然のことだけど。
だって、ノンフィクションの作家が、描くたびに同じことが起きたら、
商売にならないでしょう。
クーデターのノンフィクション書くたびに現実になったら
捕まるよ。
それこそ、そうなるくらいならとっくに平和が訪れているし、
平和を祈って平和が来る、が一番。

サスペンス好きな人が、サスペンス風の事件起こしちゃうとかね、
最悪のパターンだが。
幸せな気持ち、とか愛情とかを共有する
シンクロであってほしいです ( ´ ▽ ` )ノ

200番台に突入した。
嬉しい。*\(^o^)/*

コメント、受付設定に変更しました。
以前、いたずらの書き込みをされた経緯が
あり、閲覧者も不快になるので、コメント設定無くしていたのですが、
このページよりコメント受付再開します。
くれぐれも、他のユーザーや閲覧、訪問者が不快になるような
書き込みはやめてください。
もし、見つけた場合は、削除します。
よろしくお願いします♪( ´θ`)ノ




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

マリンスポーツが嫌いなわけではないのだが・・・・ [life]

今、私は大手企業に勤めており、10年近く前から誘われていたのだが、
「私はそんな分際ではありませんので」と、ずっと丁重にお断りしていた。
まあ、それが、いろいろな事情で、ある時期に急遽転職する運びになった。
以前にも大手団体でお勤めしていた時期があったが、
子育ての最中でそれはもう、嵐の様相であったが、何年か勤めて震災後1年ほどで、
過労で退職する運びになった。
今の企業は、だれでも知っている大企業で、スポンサー企業としても
有名な企業だが、やはり、疾風怒濤の如しってこうなんだなあ、と。

で、もう40歳すぎるので、以前から付き合いのあった親族も縁遠くなり、
(血縁がうすく、というか、もう血縁が居ないとかで足が遠のいた。)
30歳以前とは交友関係ともまったく違い、まあ、血の繋がっていない
親族なんて、最終的には、葬式の頭数だけで、それだって、危ういことも
あるしね。面倒が多い。
かろうじて、幸せなことに昔の同級生や、先輩後輩たちが数名付き合いがある。
しかも、スポーツを通じて再開できた方々も何人かいて、とても
幸運だと感じている。

若いうちのように、ポジティブばかりでもいられないが、子供たちは本当に
優秀で、教育方針として、常々、必ず努力した結果はかえってくる、という
ことを言い聞かせて子育てをしてきた。

なので、気持ちがナーバスなときでも、なるべく明るく、
強くと心がけてきたがそう思えば思うほど、周りは、「よく明るくやれるねえ」
などと嫌味をいうが、
心が折れても、それでも、顔は笑顔を心がけてきた。

で、体力の維持も兼ねて走っている。

心が折れる、折れないの戦い。何キロ走るか、今日も走るか?

私は長い距離を走るのはそんなに苦痛ではない。
15キロくらいまでは、さほど痛みはない。
それ越えると足が棒になるからきついけど。
むしろ、長く一定したリズムが続くので、
心地よさも持続する。

個人的にはウインタースポーツが好きで、
それこそ、あざだらけで、一人板を担いで1キロ近くも氷点下15度とかの中
歩いて下山したこともあるし、足が腫れ上がったこともあったけど、
リフトを降りて滑り降りてくる爽快感は、
本当に最高です。

なので、マリンスポーツはブギーボードと、ウェイクボードくらいしか、
したことがないけれど、むしろ、人生がの波風が激しいので、
ひと波越えてまた、すぐ次の波なんて疲れてやってられない。
パドリングしてずっとタイミングをまってるなんて
楽しさはあるだろうけど、だったら・・・・と思うので
自然と海から足が遠のく。

だからいまも、むしろ海というと、長男のサッカーの夏合宿のこと
ばかり思い出す。
房総半島にずっと何年も合宿に行っていて、合宿中丸一日、
砂浜大会があるんです。

一日中、サンドサッカー、サンドフットサルで真っ黒になって
がんばってたな。サンドフットサルのトロフィーが
いまもひとつうちに飾ってあります。
そして、彼は今も海水浴に行くと、
サッカーボールを持ってきますよ。

まあ、どっちにしろ我が子が大人になって、今一生懸命に励んでいる
スポーツが意味のあるものになるように、頑張って欲しいと思う。

今日は、娘の2人の剣道の初稽古という、もう、何年も恒例になっている
行事がある。

まあ、休日もほとんど休みなくこういった行事や大会や試合があって、
子育てと、仕事と家庭生活のバランスを取るのは非常にたいへんです。

10年前に想像していた自分よりも多くの物事を達成してきて、
こなしてきたんだなあ、と実感する傍ら、
夢に見ていた個人出版は、出版社のいっていたように、
ほんとうに、10年以上叶うことは難しそうで、
一旦ブログに全部公開して、創作活動を止めている状態です。
でも、10代のころから数えれば、絶版になったものもあるんだけど、
子供達には自慢できるくらいの、ライターとして執筆したものも
含めた執筆物が残っているのでまあ、いいか、とも思う。

今はブログも製本できるからね。

100年先の子孫まで残せるかなあ。
なんてことを考えます。











nice!(0) 
共通テーマ:blog