So-net無料ブログ作成

とある春の日に [blog]

朝鮮半島が南北会談で、非核化の合意に
達したり、南北間の30分の時差をなくす
決定をしたなど、ニュースは朝鮮半島の
話題でもちきりだ。
      
日本は、衆議院選挙を終えてまだ半年あまり
なのに、秋の自民党総裁選での安倍首相の
再選が難しいと伝えられる中、とうとう
話題には解散総選挙というキーワードがちらほら
出始めている(-_-)
        
本当は、投票に行かない人たちが悪いんです
けどね。
基本的に国政や地方自治のために国民の代表を
選んで、代わりに行政を動かしてもらっている
わけですから、自分たちの住む自治体や選挙区
に無関心で、地域活動は愚か選挙にも行かないで、
ニュース見て文句言ってたら、シャレにならない。
       
選挙権放棄の国民が信じてるのは、週刊誌とワイド
ショーってことですから。
      
本音は、ずっと選挙行って投票してるのに、
こんな時期に解散総選挙なんて縁起でもない
勘弁(*_*)
       
      
       
344A5195-294D-4A56-9C88-B0A70AB9BEA5.jpeg
娘の誕生日や、知人の結婚式などで頂いた花束
押し花でハーバリウムの花材を作っている
      
      
      
     
じつはInstagramやこのブログで、花の写真を
多く載せるようになったきっかけがある。
      
数年前、近所の学校で、チューリップの花壇が
とても可愛らしいので、たまたま子供の部活のお
迎えに行った時にスマホで写真を撮っていたんです。
その時、数名の野球少年が、ひとりの仲間の
少年を取り囲んで、その子に危害を加えていたんです。
私は気づいてすぐさま撮影をやめて、子どもたちの
もとにいき、
「君たち何やってるの?あのさあ、今その子の
ことを自転車ごと倒したでしょ?」
と。
それに対して危害を加えていた子供たちは、
「僕らは何もしてません」
明らかに自転車ごと倒されているひとりの子に
声をかけると
「すみません、大丈夫です」
「学校には報告しておくからね、気をつけて」
とその時はその場を後にしたが、校外部などには
報告をしておいた。
大事にならなければまあいいのだけど、まあ
たとえば地域とか学校とか行政が、地域を
良くしたくて花壇の整備なんかをしている
わけです。なんとなく子どもたちの心に
届かないのかなあ、と少し悲しい思いをした。
自分に力が無くて解決できないことなんかを
悔しく思って、人間の心や倫理を育てるって
何だろう?と憤りを感じつつ、少しでも
心に響くようにと思い、花の画像を多くした。
    
人間の人生というのは、きっと欠けているものを
埋めるための努力のことをいうのではないか、
なんて最近は強く思う。
そして、その努力と人生がまるごとその人の
能力なんだと感じるようになった。
できる、できないだけで簡単にはひとくくりに
したくはない。
私の場合きっとそんな風に、花の写真を撮影してる
時にそんな場に出くわす、という欠落があって、
それを埋めるために福祉や勉強や仕事に携わり
努力をした、ということ。
    
だから少しでも、心に響く画像がいいなあ、
と思うし、本当は幸せになれる光景が
一番良いし、そうなれば、100点満点だとおもう。
      67B9F680-173B-43EE-9FB7-4B311E926390.jpeg
     押し花の元のお花たち(*´∀`)♪

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:blog