So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

1960年代の亡霊と来るべき2020年 [blog]

先週の台風で月曜日いきなりの大渋滞で仕事の予定が
すっかりおしてしまった(*_*)
                          
私たちの住む船橋市内は確かにものすごい暴風だったが、
停電も少しですんだ。同じ県内で、いまだに停電の地域の
方々は大変だと思いますが、、まだ復旧の予定がはっきり
しないとかで、まして、停電という少し特殊な災害なので、
道路なんかは大渋滞だろうし、農作物や、停電による商業
施設への影響が、とても心配です。
                           
15401053450211822622647.jpg
実は先週あたりに更新する予定だったが、そんなこんなで
遅くなった。
                          
そうしている間に安倍内閣の組閣で、先日ご結婚された
小泉進次郎新環境大臣が、就任された。
戦後歴代3番目の若さという。
環境大臣という仕事は現在福島の原発の産業廃棄物の
問題を抱えているそうで、高レベルの廃棄物だと、
廃棄するまでに、何十年もかかるそうだ。
                       
こんな停電という大きな騒ぎがおきている当の、
発電所という仕組みだが、学校で簡単には教わる
けれど、実際の仕組みを理解していない方も
たくさんおられるようだが、現在原子力発電所自体が、
稼動、停止、廃止というサイクルで運用されている
そうで、さらにいえば、核融合という原理で原材料
にウランという核物質を使用する。
核融合というのは、太陽の核(コア)でおきる働きで
すべて自然の原理からなりたっている。
ただ、核兵器という言葉があるように、兵器に利用
されるほどのエネルギーや、人体に有害といわれる
放射性物質が産出されるので、問題はつきない。
                      
つい、鉄腕アトムというアニメを思い出してしまったが、
1968年に連載開始した、21世紀を舞台にした原子力
を動力にした人工知能のような感情を持ったひとがたロ
ボットの物語だ。事故死した我が子に似せて天馬博士が
作ったとびおというロボットが後にサーカスに売られ
それを御茶ノ水博士が引き取った。
原発から供給された電気で人工知能のロボットが動く時代
になったわけだが、さすがにロボットに感情はないけど、
そんな時代が来ても、停電で大騒ぎとは。
                          
太陽のような恒星(自ら光を放つ天体)が起こすのと同じ
核融合から核を抜いて燃焼させた残骸では、処理は難し
いだろうけど、 本当に宇宙に放出するわけにもいかな
いだろうけど、塵がたくさん浮いているのは宇宙空間で
はなかったか?
あと、恒星は赤色巨星になったあと、白色矮星になる
はずだし、その後はブラックホールに収束するなら、
宇宙に放出できないのかな?
物語の中なら、それもできるしタイムマシーンの燃料
にリサイクルできたり(笑)
平和的解決(*’▽’)
                      
なにはともあれ、小泉新大臣は就任早々房総半島の方に
出向かれたそうですが、迅速な対応本当にありがたいことです。
次世代クリーンエネルギーの推進頑張って欲しいですね。
                              
追記 現在はコストがかかり過ぎるので宇宙への廃棄は
していないそう。アメリカで実例があるようだ。
それと廃液を海に流す論議がされていたが、通常固体に
変える処理を施して、地中へ埋没投棄するらしい。
 EBE64152-405D-4084-AB86-22ACEF72C473.jpeg             
実は更新しようとしていたら、そんなこんなで、当初ブ
ログの題材にしようとしていたネタが最後に来てしまった。
                         
誕生日に久しぶりに映画でも見に行こうと、早速映画館
に足を運び、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピ
ットの共演作品の1960年代後半のハリウッドで実際に
起きた、ハリウッド女優シャロンテート殺人事件を題材
にした、ワンス アポン ア タイム イン ハリウッド
という、クエンティン タランティーノ監督の映画を
見た。
                         
主人公のディカプリオ扮するウエスタン俳優と、ブラッド
・ピットが演じるそのスタントマンの話しに、シャロンテ
ートと夫ポランスキー監督のストーリーが少しずつ絡んで
物語が進んでいく。
                         
久しぶりに見たディカプリオの演技が素晴らしかったこと
に感動(゚0゚)
                          
それと、THEアメリカ映画という、古きよき時代の雰囲気
があって、なおかつ驚きの最後の展開とタランティーノ作品
らしいひねりがユニークだった。
                               
  E8550659-2B7F-4F17-9EC3-BCEC97BC8DD0.jpeg                         
次回更新は10月半ばになります。
                         
                      

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の1件 | -