So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の1件 | -

早い夏の訪れ [blog]

7E15CC76-5DD2-42FC-B131-05AA0EC5E447.jpeg
     
観測史上稀にみる早さの梅雨明けは、
思わぬ大災害の前兆のようになって
しまった。
            
先程、西日本の豪雨特別警報が解除
されたので、一刻も早い救助、救援
活動がのぞまれる。
    
4C30F7C6-F752-4DA5-A482-A32B066434CD.jpeg
    
今年は歴史的にも大きな出来事が
たくさんあって、日本は地震の活動
期にさしかかっているようだし、戦後
以前の教訓をいかせず地域活性と都市作
りを乱脈的に続けてきたしわ寄せがきて
いるようだ。
やはり自然には簡単に勝てないし、
自然をあなどってはいけない。
              
                                               
日本は地震の活動期や洪水と仲良く
共生して今後の都市を作れるといい。
八重山諸島の話や、与那国の海底遺跡
なんかを考えると、厳しいかもしれない
けど、日本の古来の歴史や気象現象
をよく研究して、人と自然が共生できる
世界がいいなあ、と思う。
                               
 
8C157176-9BA2-47E2-9E19-2E9A29A641C5.jpeg
                   
    
学校の授業で、宗教を教えるのは大学だけ
になっているが、せめて義務教育の段階
で日本や郷土の古来の風習などをきちんと
教えられる方が良い。書道や茶道や華道
武道だけでなくて。日本の文化、風習。
                     
              
給食では、栄養士の先生たちが頑張って
郷土料理を取り入れてメニューを考えて
くれている。千葉県だと、さんがやき
とか、菜の花を巻き込んだ太巻きとか。
菜の花は本当によく出てきた(笑)
実は梨はあまりでない。夏休みが
最盛期なので(笑)
             
         
大人になって世界が広がると、思った
以上に児童期の教育の効果があって、
学校給食の幼児期の思い出が、出身地によって
それぞれ違ったりなんてこともいろいろな
人と出会うなかで面白いことのひとつ。
                   
              
子供たちと二世代でこの地域で長く生活
しているので、私たちとの世代のギャップも
地域差抜きで敏感に感じ取れる。
                   
 
12F0ED35-88AC-4F2D-A1AC-C9F37034A036.jpeg
              
昔、洪水に対する治水事業なんかも
たくさんしたんだろうけど、
生態系のバランスを崩すほどの
開発や乱獲がそれ以上に深刻な
被害をもたらしたり、なかには
外来生物と日本の固有種の区別が
つかないなんてざらだし。
有名なのは、西洋タンポポとか
アメリカザリガニとか、最近船橋
で有名なホンビノス貝もあさりを
絶やしてしまうというしね。
        
      
    
DEB789ED-B50E-47A9-85C9-8D495C35D47A.jpeg
             
時代と共に生態系も変わるから、
うまく共存共栄の方法を考えて
いけると良いんですけど。
        
せっかく科学技術が進化するのに、
ITと映像技術ばかりで、実際の
地球は換えがたい資源の美しい
惑星なのに、手がかかるからって
みんなバーチャルになってしまうが、
せっかく地球上に生を授かったのに
もったいない気がする。
E8DBD415-A969-4DB3-94CD-5F6878E5DD9D.jpeg
       
今年の向日葵。
花びらの色も綺麗です。
恒例の向日葵畑です。
向日葵の花言葉は
憧れ、崇拝、光輝
幸せなど。
太陽崇拝が関係している花で、
反対に偽り、などの花言葉も
併せ持つ。
大輪の花がこういうネガティブな花言葉
になるともいう。
大輪は枯れやすいし、うなだれやすい。
この畑では、中、小輪がほとんど。
向日葵ひとつとっても奥が深い。
      
       
追記
ワールドカップサッカーは、決勝トーナメントで
日本代表はまたもや惜しくも、敗退してしまったが、
昨日長谷部選手の代表引退宣言のインタビューを
放映していたが、感動的なプレーを
たくさん見せてくれて、お疲れ様と言いたいが、
まだまだ勇姿を見たいです。なおかつ日本の
ワールドカップ特番の作り方が上手で、
サッカーと親子や家族やチームの絆をうまく
VTRを織り交ぜて放映してくれて、昨今
簡単に子供達に教えられない、マインドの部分を
こういう風にサッカー、ワールドカップをつうじて
学ぶことができるということが素晴らしいなあ、と感じた。
      
     
次回更新は真夏の8月です(*_*)

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の1件 | -