So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の1件 | -

久びさの親子ジョギング [blog]

末娘が中二になって、一番マラソンが苦手
だったのに一緒にジョギングがしたい、
と言い出した。
             
小学生の頃マラソン大会でいい順位で走れる
ように私と子供たちがみんなで走ったことを
しみじみ思い出す。
その頃、サッカーと剣道の二刀流で頑張って
いた兄はもう大学受験。長女も高一で三段を
取るまでに剣道をがんばり、今も続けている。
                    
当時市民駅伝や市民陸上と、大活躍した兄姉ふ
たりを尻目に、1キロもはしると、つらいと
いっては泣いて家に帰っていた末娘も今や剣道
2段に合格し、当時を思い出したのか今更ながら
一番ラストの親子ジョギングの卒業生になるよ
うだ。
                    
私自身はボチボチ定期的に走っていたので、
たかだか3キロくらいの距離なので、
「年の割には体力あるね。」と、ピイピイ
泣いていた娘に言われ、複雑な心境。
             
15421084151311992373731.jpg
                           
思えば、保護者として子供たち三人を剣道に
通わせ一番部員が少ない時は、三、四人しか
いなかったクラブで、長女とその友人、末娘と
次々に入部させ、末娘が卒業する頃には、部員
が20人近くになっていた。楽しかった11年間。
その後中学校の部活で、娘は初表彰もされた。
                    
少ない保護者で交代しながら必死に寒い剣道
場や体育館での鍵開け清掃当番を続け、子供
たちが稽古できるように準備をした。
                  
人数が増えてからは、何故か陸上大会に抜擢
される子達もちらほらでてきて、そんな楽し
みもあった。
                    
最近、テレビで出雲駅伝を見ていて、またま
た青学が優勝をおさめたが、自分達の経験を
重ね合わせながら、青学のサクセスストー
リーがどこまで続くのか、毎回応援している。
                   
まだ子供たちにとっては人生は長い道のり
なので、マラソンや剣道のようなスポーツ
は精神力や困難を克服する力を育てる
良い訓練だと思う。
努力や根性という簡単な言葉だけでは
かたずけられない。
何より本人たちにとって替えがたい
思い出になることを祈る。
               
いろいろと忙しいのですが、更新は12月
上旬の予定。
アクセスカウンターをつけて1年になります。
あと少しで6000超え。
内部カウンターの総アクセスは、10年たった
が、もうすぐ14万超えます。
まだまだがんばります(^o^)
1日平均60から70程度のアクセスですが
今後もよろしく!
画像は今年母の日にもらったミニバラ。
今たくさん花がついているo(^o^)o

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の1件 | -